きらい

ひとつ おとした言葉が
色を変えて地面に染み込んでゆく
景色は思いがけない様相で覆いかぶさって
ぐるぐる巻きに 僕らを閉じ込めていくんだ

踠いて踠いて踠いて
ようやく一歩 踏み込んだ僕の足が
若草を踏みしめていたのは
ああ ああ 知らなかっただけだなんて
見えなかっただけだなんて
もう 誰にも言えないまま

僕は 僕らは世界に嫌われてゆく
[PR]
# by shino_latte | 2017-05-03 22:28

hlutfall

みんなみんなみんな
心の何処かが死んでいるのならば
ああ ああ ああ
みんなみんなみんな
生きている心は何処にあるの
[PR]
# by shino_latte | 2014-06-22 22:24

ひとりぼっち

ひみつの扉がふえてゆく
かたくて おもくて ひとりでは
開けることができないの
鍵だってほんとうは掛かっていないのに
ほんとうはひみつなんかじゃあないのに
日に日に扉は分厚くなって
ただ ただ わたしは
どうしたらいいのかわからないのだわ
[PR]
# by shino_latte | 2014-06-02 23:24

琥珀色の

みんな みんな みんな
僕を置いていってしまうから
ぼくは ぼくは ぼくは
僕を置いていくんだ
埋めてしまえばいい ぜんぶ
いつか 琥珀に閉じ込められる日まで
二度と 滲まないように
二度と 手を伸ばさないように
ぜんぶ ぜんぶ ぜんぶ
琥珀色に染まってしまえばいい
[PR]
# by shino_latte | 2014-05-10 00:30

nótt

眠れない夜を数えては
わたしはそっと歌うの
星に手を伸ばして
届かないことを確かめて
眠れない夜を数えては
わたしはそっと泣くの
[PR]
# by shino_latte | 2014-04-12 23:22

kristöllun

いま こぼれおちた涙が

やがていつか錆びつくころ

暗がりに そっと

ひそやかに そっと

誰にも知られずに

そっと

生まれる結晶のように

深く 美しい色を持って

いつか

力強く輝き出すこと


わたしは知っているの

[PR]
# by shino_latte | 2014-04-08 22:16

たからもの

ひとつ ひとつ 並べて
たくさんの きれいなもの
愛しかったもの
大切だったもの
声や匂い 音や温もり
きらきらと 瞬く記憶
ひとつ ひとつ 並べて
失くさないように
思い出さないように
頑丈な箱ににしまって
心の奥の秘密の湖
落ちる滴と同じように
そっとそっと沈めるの
[PR]
# by shino_latte | 2014-03-18 21:41

look at the light

ほら、よく見てご覧よ
昨日が壊れてゆくよ
ほら、よく見てご覧よ
齧りかけの今日を
ほら、よく目を凝らせば
明日の始まりの色
[PR]
# by shino_latte | 2014-01-31 22:45

あなたが気付かずに踏んだ蟻は僕だ
靴裏に張り付くのは僕の魂だ

ああ ああ

僕が踏み付けて引きずり回したのは誰だったろう

[PR]
# by shino_latte | 2014-01-05 00:05

せかい

言わないで 口にしないで
形に閉じ込めてしまわないで
消えてしまうわ
わたしの大切なもの
誰にも触られたくないの
誰にも呼ばれたくないの
誰にも知られたくないの
[PR]
# by shino_latte | 2013-12-25 22:43